ホーム   プラダン工作   釣り道具   太陽熱エネルギー    材料と道具  乾電池
明るさについて   ヘッドライトの放電テスト   安心安全/足元ライト   安心安全/懐中電灯
万年calendar   卓上calendar   壁掛calendar   エコ生活   LED照明化   その他・工作

  ヘッドライトの放電テスト 2018/1/29

「実験動機」  ヘッドライトを購入したが何時間使えるか判らない。また明るさもルーメン値で分からない。
 ジェントス CP-095D,1345円。2018/1月購入。
 使用電池:単3アルカリ電池1本。パナソニックLR6・AA 組装用 上海
 重さ70g(本体33g+バンド14g+電池24g)、頭に付けても重くない。
 仕様では、95ルーメンで7.5h、20ルーメンで20h


◆実験結果  
実測結果 
・単3アルカリ乾電池1本でよい。添付されている電池を使った。
・1時間20ルーメンで点灯させ、次の1時間はオフして電池を休ませる。このオンオフを20回ぐらい繰り返した。
・寝ているときは測定できないので、ヘッドライトも電源を切った。
・明るさは照度計でライトから1mの距離で測った。ルクス値は常時変動するので平均と思える値を記録した。誤差は±10%。

■感想など やってみなくちゃわからない!
★メーカー仕様通り、エコモード(20ルーメン)では20時間使えた。20時間たっても50ルクスの明るさがあるので散歩には大丈夫。
★1ボルト以下の電圧でも十分明るいLEDなので、昇圧回路が組み込まれているか、低電圧でも点灯する発光ダイオードを使用していると思う。
★単3乾電池1本のヘッドランプ、長時間点灯する場合は、予備1本24グラムを携帯する。これでも合計90グラムである。
★十分休ませて回復した電圧(赤●)は、前回の電圧より上昇することがある。電圧値は電池を取り出して測定した。負荷をかけない開放電圧であり、内部抵抗が増加しているがその影響を受けていない。今後、開放電圧は参考電圧と考えて間欠的に測定する。
 青●は電池のスイッチをオフした直後の電圧であり負荷を掛けている状態の電圧と言える。

★今後の予定: ルクス値を計測しているので、ルーメン値との関係を求めることにチャレンジする。