手作り工作・発明教室へ  2018/11/09:無くてはならないものになりました。毎日使っています。
  究極のデスクライト  LED化  2018/2/15,3/4,7/21  

■概要: 背面から机上を照らす蛍光灯ペンダントライトがチラチラしてきた。デスクライトが4時間充電して40分しか使えない。2つのライトは、見直して新しいLEDライトに変更する。蛍光灯ペンダントライトはLEDペンダントライトに変更し省エネ化した。デスクライトは、バーライトを購入して、シェード、吊り下げ具を手作りして自慢できるデスクライトが出来た。結果に満足したので、ご参考になればと思い詳細を記述する。省エネしましょう♪

◆究極のLEDデスクライト、5ワットのデスクライト ♪
 市販のペンダントライトは1.5Kgで重いこと、また机上面に影が出来ることから、バーライトを購入して、シェードを手作りしてバーライトを貼り付けることにした。シェードの大きさは20x45x3cm。軽いプラダンでシェードを作ることにより、ライト部の重さは5分の1の320gに出来た。
「LEDデスクライトの特徴」
・机上面の明るさ400ルクスで、消費電力がわずか5ワットには驚いた!
 部屋全体を照らすライトが不要になり消費電力は10分の1以下。ジャンジャン使います
・精密作業する時はリモコンで100%ボタンを押すと900ルクス、11ワット。
 この明るさは通常の作業では明るすぎるが、半田付け作業などは最適。
・リモコンはシェードに置いているので操作が簡単。
・クリップライト、スタンドライトが不要で机上を広く使える ♪
・メモ用紙、眼鏡などは、シェードの裏、増設トレイに置けるので机を広く使える ♪
 A4サイズトレイ2段に相当し、机上を非常に広く使えます ♪
・クリップライト、スタンドライトに比べると広い面から発光するので影が付きにくい ♪
 ライトの位置はヘッドライトと同じであり、明かりが直接目に入らない。間接照明に近い。

デスクライト デスクライト デスクライト
デスクライト

「明るさと消費電力の実測」(明るさは机上55cmの位置、長さは10cm~140cmまで可変)
リモコンの明るさボタン [100%] 10.7W,900lux [50%] 4.6W,400lux [25%] 2.1W,190lux
 50%の時5ワット以下であることには驚きました 豆電球とあまり変わりません。
 シェードの内面に反射用アルミ箔を貼り付けたため、明るさが20%ぐらい増加しました。
「主な購入部品」キッチンライト LekuLed中国深? 3000円、リモコン、バーライト35x2.5x0.8cmを3本
色温度:6000K 消費電力:15W 100Vを変換して12V出力。

◆蛍光灯からLEDに変更した ♪
ペンダントライト
■結果: 蛍光灯ペンダントライト2台を外して、LEDペンダントライト2台を設置した。
・22W/85Wから、LED化すると電気代は4分の1 ♪
・メーカーが公表しているルーメンからルクスに変換するには、
  ルーメン値の2分の1から3分の1が、1m離れた場所のルクスであることが判った。
・総費用1万円以下で安くできた。しかも10年持つので維持費はゼロ。
・電気代は26円/Kw。1日5時間使えば、月150時間。蛍光灯は170Wx150=25.5Kw,663円。LEDは48Wx150/1000x26=187円。  電気代を476円/月節約出来た ♪
・7月20日、ペンダントライト用延長ケーブル2mを手つくりした。
 手間がかかったので 既製品を購入した方がよい。約1600円

◆色温度   3000K:電球色、3500K:温白色、4000~4200K:白色、5000K:昼白色、
 6500K:昼光色。 温度が高いほど明るいが冷たい感じ。昼光色が一番温度が高いことに驚いた。
 
ダイニングキチンのLEDは電球色に変える必要がある。

◆古い蛍光灯は廃棄した  事故の未然防止できた♪
・明日は1か月に1回の不燃ごみの日、6畳の和室の蛍光灯ペンダントライトの常夜灯が点かないので外した。フレンジカバーを外すとシーリングのオスプラグが破損し、電線が見えていた。感電しないように注意深く回して外した。あまりにも重いのでびっくりし、測ると3.8kgもある。設置して20年ぐらい経っていたと思う。チェーンで吊り下げるように書いてあったがコードで吊り下げたのみであった。2重に驚いた。このライト分解して早速、不燃ごみに出した。大地震では間違いなく落ちると思った。