ホーム   ・プラダン工作  ・プラダン工作例  ・釣り道具  ・太陽熱エネルギー  ・材料と道具
・万年calendar  ・卓上calendar  ・壁掛calendar  ・エコ生活  ・車  ・その他・工作  ・発明について


  卓上型スケジュールカレンダー    2017/1/22新バージョン

 今日1日を大切に生きようと思っています。日にちと曜日がすぐにはでて来ません。新聞は大きいので、日付を見るのが面倒です。そこでできるだけ小さいカレンダーを作りました。(スマホ、携帯ではすぐわかりますが・・・)

★卓上型2か月スケジュールカレンダー 2017/1/22新バージョン  クリックすると拡大
 今日の年月日と曜日を表示し、予実績を記入できるスケジュールカレンダーです。
・今日がわかる可愛いポインター。2cmx3mmで高さ5mmの超強力ゴム磁石です。
・カレンダーコンテンツはパソコンで作り、市販2穴パンチで穴あけして使うことができます。
・リングが大きいので3年分を掲示できます。また1穴パンチで穴あけした名刺サイズのメモ用紙などリングに吊り下げられます。
スケジュールカレンダースケジュールカレンダー・左が正面からの写真。右が裏面。16か月分入れています。1穴パンチで穴あけした名刺サイズのメモ用紙をリングに吊り下げています

・大きさは横17cm、高さ13cm、奥行き5cmです。重さ77グラム。

・イラストは、月のイラストは自分史サークルのMTさんから頂きました。
・1か月分はA6サイズです。A4サイズの厚紙(0.12mm厚み)に4か月分を印刷しカットしています。1日分の書き込みエリアは20x14mm確保出来ました。
スケジュールカレンダースケジュールカレンダー 左は上から見た写真
 右はポインターを底面のステンレスクリップに保存している状態です。

オーマイカレンダーとの変更点
・カレンダーの鉄板をゴム磁石板にした。鉄板の加工が難しいため。
・カレンダー用紙を吊り下げるリングをWリングにした。
・カレンダーボードをプラダンから厚紙にした。作成の手間を省くため
・スケジュール記入エリアを増加させるため、カレンダーコンテンツの月の表示を日にちの表示欄に移動さた。



★オーマイカレンダー 2015/1/22
 高さ13cm、横16cm、奥行6cmの小型の卓上型スケジュールカレンダー。
 手のひらサイズなので、どこにでも移動使用できます。

特徴
 ・今日の日付けが、カレンダー上にすぐ判るようにポイントできる。日めくりカレンダー機能。
 ・2か月分の予定が用紙をめくらないで書きこめ、見ることができる。
 ・メモ用紙をカレンダーに貼り付けることができる。押しピン不要の掲示板。
 ・市販用紙にコンテンツをプリントし、カレンダー用紙を作成することができる。
  多穴パンチ機が不要で 市販の2穴パンチ機。世界で一つの、マイカレンダー作成。
 ・書込み結果から保存したい月だけを選別して、2穴バインダーに簡単に保存。

卓上型アイデアカレンダークリックで拡大します。
 2か月分が常時見られます。今日の日は、日付けポインターで表示しています。これができるので日めくりカレンダーは不要になりました。12月26日(金)を示しています。
 用紙サイズはA6で予定、実績を書き込んでいます。
 カレンダーボードはプラダン
 メモ用紙など磁石で貼り付けています。
カレンダーシートもパソコンで印刷。コンテンツ中のカット、イラストは知人からいただきました。

 
卓上型アイデアカレンダ卓上型アイデアカレンダ  
 左が裏面です。右が側面から見たカレンダーです。

 裏面には2015年1月〜12月までの12枚のカレンダー用紙が吊り下げられています。2015年になったので2016年4月までの15枚に変更しました。
 
プラダン工作プラダン工作  左が日付けポインターです。
 右がメモ用紙貼り付けフックです。透明プラスチックでメモ用紙を押さえて落下しないようにしています。
 
 
プラダン工作このカレンダーのキーポイントは用紙を吊り下げたり脱着する白いリングです ♪
 リングは特殊な方法で手作りしたアイデア部品です。一般のダブルリングワイヤーで製本されたカレンダー、ノート、手帳、スケッチブックなどは用紙を取り外したり追加できないことで知られています。不要になったカレンダーなどは、金属部分があり、取り外して可燃ごみに出す必要があります。そこで用紙交換できるようなリングを作り、上質なカレンダー用紙の白紙面を再利用できる究極のエコカレンダーをつくりました。

■使い方
新しい月になった時:
(1)ポインター、メモ用紙フックを外します。
(2)リングの上部に赤い印が付いています。両手で左右をつまんで1cmほど開きます。次にもう一つのリングも同様に開きます。
(3)裏面の2月を180度回転し正面に吊り下げます。
(4)開いている2個のリングを閉じます。パチンと音がします。
(5)外されたポインター、メモ用紙フックを付けます。
磁石の強さの変更方法:
 磁石の強さは磁石と鉄板の距離で変わります。磁石はネオジムゴム磁石で作っています。鉄板はホワイトボードより厚い0.2mmです。これに薄い紙を貼り付け怪我のないようにしています。この鉄板はカレンダー用紙と同じように吊り下げ位置を変更できます。鉄板の位置を変更することで磁石強さを変更できます。
 
自分だけの予定を入れて、好きな写真を入れて、カレンダーを手作りしよう! 
■カレンダーコンテンツの作成例
・キヤノン普通紙・ホワイト 両面厚口 sw−201 A4用紙使用
・A4用紙に4カ月分印刷。カット位置にトンボを印刷しているのでカッターナイフで2カットで用紙ができる。
・カットされた用紙は2穴パンチで穴を開ける。穴の間隔8cm。