手作り工作・発明教室へ  2019/1/11:試作品ができました♪ 

  万年スケジュールカレンダー 2019/01/15

 今日1日を大切に生きようと思っています。今日の日にちと曜日がすぐにはでて来ません。新聞は大きいので、日付を見るのが面倒です。そこでできるだけ小さいカレンダーを作りました。(スマホ、携帯ではすぐわかりますが電源を入れ表示させるまでの操作が面倒・・・)

★概要:万年カレンダーと2か月カレンダーを合体して、壁掛け式の万能カレンダー を作った。
 万年カレンダー部は従来鉄板で作っていたのを厚紙にした。2か月カレンダー部は、紙芝居のように用紙を右から左、または左から右の両方向から差し込できます。連続して2か月分表示できる。月曜始まりと日曜始まりの両方を作りました。
 大きさは縦30㎝、横22cmでほぼA4サイズ、厚み1.5cm。重さはわずか220g。
万能カレンダー万能カレンダー万能カレンダー万能カレンダー
クリックすると拡大します。
左の2枚が2019/1/11のカレンダーを吊り下げ使用している、中が2020/11/1のカレンダー、右が机上でバラバラにした写真です。

 カレンダーの台紙は厚み4mmのプラダンの上に黄緑のマスキングテープを貼り付けています。

 万年カレンダー部はゴム磁石で貼り付けていて、簡単に脱着可能です。
 2年分(24か月分)入っています。1か月分の用紙は横21cm、縦10cmです。
 スケジュール部は2B鉛筆で容易に書き込めるようマット紙はつかっていません。

万能カレンダー ・スケジュール記入エリアを増加させるため、カレンダーコンテンツは5行にして月末の表示できない日にちは1行目に表示させた。写真のように3月は31日あるので、31日は左上に表示しています。31日の予定はここに書き込みます。


特徴
 ・今日の日付け曜日が、すぐ判る。離れたところからも、判る。 即ち日めくりカレンダー機能。
 ・日にちが変わった時、30秒で対応できる♪ 操作性が非常に良い
 ・2か月分の予定が用紙をめくらないで書きこめ、見ることができる。
 ・市販用紙にコンテンツをプリントし、カレンダー用紙を作成することができる。
   自分だけの予定を入れて、好きな写真を入れて、カレンダーを手作りしよう! 

■使い方
毎日の日付と曜日の更新: 日にちが変わった時、30秒で対応できます

万能カレンダー万能カレンダー万能カレンダー万能カレンダー万能カレンダー
(1)日付と曜日をプラスチックケースごと外します。裏面にはゴム磁石を貼り付けています。またプラスチックケースは裏面から表面に向かってカード全体を押し付ける構造になっているため、逆さにしてもカードが落ちにくい。
(2)日付と曜日の一番上のカードを上向きにスライドさせて引き抜きます。日付は両面印刷しているため15日が表示されています。抜いたカードをひっくり返します。すると14日が現れます。
(3)日付は一番上に上から下に差し込みます。曜日は1番下に差し込みます。
(4)日付と曜日をプラスチックケースごと元の場所に貼り付けます。

トラブル対策:  日付ケースの両側を持って外すとき、指が滑ってケース毎床に落下しました。16枚のカードが散らばってしまったので順番を揃えなおしました。  対策: ケースの左右上面角に直線状にグルーガンで突起を設け指が滑らないようにしました。2019/1/15

新しい月になった時:画像をクリックすると拡大します。
万能カレンダー★スケジュール部の用紙の差し替え
 カレンダーを吊り下げた状態で、新しい月を1枚、古い月ケースに重ねる操作を行うと 約30秒で操作できます
(1)カレンダーの下の段の月用紙をケースごと外します。
(2)新しい月1枚を右手中指で軽く抑えて右側にスライドさせ引き抜きます。ずれた他の月は、両手で左右に押さえて揃えます。
(3)カレンダーの元あった場所に戻します。
(4)カレンダーの中の段の月用紙をケースごと外します。
(5)引き抜いた月をケースの一番上に右手で右側から左に向かって挿入します。
(6)ずれた他の月は、両手で左右に押さえて揃えます。
(7)カレンダーの元あった場所に戻します。
万能カレンダー★万年カレンダー部の用紙の差し替え 約30秒で操作できます
(1)イラストと月をプラスチックケースごと外します。
(2)両方ケースの一番上のカードを上向きにスライドさせて引き抜きます。イラストは両面印刷しているが12枚あり1か月あたり2つあるのでお好きな方を選んでください。
(3)引き抜いたイラストと月のカードを1番下に差し込みます。
(4)イラストと月のカードをプラスチックケースごと元の場所に貼り付けます。

■万年スケジュールカレンダーコンテンツの作成例
 カレンダーコンテンツはパソコンでExcelで作り、カットしています。 画像をクリックすると拡大
万能カレンダースケジュール部: 鉛筆で書き込むため、マット紙は不可
★長門屋 特厚口 白 0.14mm ナー3401 50枚で500円。10円/枚
★キャノンまたはエプソンの両面厚口再生紙を使ってもよい。厚さ0.12mm。250枚で500円。2円/枚。 構造が変わったため使えるようになった。少し腰が弱いが、非常に安価。キャノン普通紙・ホワイト 両面厚口、SW-201 A4 250枚で500円
・A4用紙に3カ月分印刷。カット位置にカット線を印刷しているのでカッターナイフで2カットで3か月分の用紙ができる。


万年部:厚紙で作った小さなカード。書き込むことが少ないのでマット紙を使用。合計50枚弱。
・大きな写真、イラスト(5x3cm):プラス厚手マット紙 0.19mm使用。0.21mmでもよい。12枚で2.3mm。イラスト、水彩画は、自分史サークルのMTさんから頂きました。
・日にち(2x3cm程度):16枚で3mm。0.19mm/枚。プラス厚手マット紙 0.19mm使用。0.21mmでもよい。
・月と曜日(2x3cm程度):0.21mmのコクヨを使う。

結果
万能カレンダー・セイコーの目覚まし電波クロックを廃止できた。常時100Vコンセントにつないで使用していたもの。移動が面倒であった。電波を拾わないので、かなりの誤差があり、時報から校正していた。日にちと曜日を確認するのに使用していた。コンセントも一つ空いた。


万能カレンダー・製本屋さんの万年カレンダーを廃止できた。98g。
 日付カードが31枚あり、変更時ケースから落ちて散乱するトラブルが多々あった。また時間がかかった。このため使わず、上記セイコーのクロックを使用していた。
・製本屋さんの3ヶ月スケジュールカレンダーを廃止できた。月の用紙を作成する時、パンチ機で穴を3箇所穴をあける必要があり、難しい作業であった。