手作り工作・発明教室  プラスチック工作 切り方と接着方法      2006/07/19,08/12

 理科の実験と失敗と勉強をくりかえしながら、ほしいものを手作り工作をしましょう。
 出来たものはすべて世界でオンリーワンです。唯一というかけがえのない価値があります。
 困難なことにチャレンジすると、自分で創った、作った満足感という楽しさ喜びが生まれてきます。
 なんと 杉原先生の理科室 には ★再生ポリエステル繊維作り まで書いてあり驚きました。

動機  プラスチックは、勉強しなければ工作が難しいので、使いやすくしたい。
●発泡スチロール系のプラスチックを使ってボンドG17で接着し、釣り用の浮を作った。最初は調子がいいが3ヶ月ぐらいたつとプラスチックが溶けて台無しにした。
●接着剤は、200種類ぐらい持っていた(蒐集マニア?)ので、使えなくなっていたものなど捨てて150種類ぐらいにした。20種類ぐらいに整理したい。
●時間が経つと、フタの隙間から接着剤が染み出て他の接着剤も汚してしまう。


■プラスチック工作  
同じ材料なら、発泡素材を使うとカッター、はさみなどで切断がしやすく工作がしやすい。 
すべて熱で溶ける材料であり、溶かすと強力に接着できる。また暖めて曲げることも可能。
略号/名前 材料 備考
ポリエチレン
発泡:タンスシート。 各種厚さ、サイズがある。百均ほか
切断:カッターナイフ、ハサミ。   曲げる:   接着:PE用接着剤。
  
PP
ポリプロピレン
0.75x490x565mm。 各種厚さ、サイズがある。百均ほか
切断:ハサミ(テスキーS)   曲げる:  接着:PP用接着剤。
発泡:2x300x225mm。   百均ほか
切断:ハサミ(テスキーS)   曲げる:  接着:PP用接着剤。
中空:5x900x1800mm。プラスチックダンボール、ホームセンター、建材。
切断:カッター   曲げる:  接着:PP用接着剤、ボンドG17
  
ポリ塩化ビニール
低発泡塩ビ板(アクリルサンデー社)比重0.7。
切断:ハサミ、プラスチック用カッター   曲げる:   接着:塩ビ用接着剤。
  
ポリスチレン
発泡スチロール:5x450x300mmなど多種類、百均。
切断:カッター   曲げる:   接着:木工ボンド。
  
アクリル樹脂 アクリル板(アクリルサンデー社) 各種厚さがある。 高価
切断:プラスチック用カッター   曲げる:  接着:専用接着剤。
  
PET
PET樹脂板(アクリルサンデー社)。
切断:プラスチック用カッター   曲げる:  接着:ペットボトル用接着剤、粘着テープ。
  
EVA
EVAスポンジ:4x300x300mm(ゴムのように柔らかい)百均。
切断:ハサミ、カッター   曲げる:   接着:木工ボンド。
  


■接着方法 接着剤の使い方が難しいため両面テープを使うことが多い 
●接着剤:永久に強力に接着するとき使用。ボンドおよびセメダインは商標。
●粘着剤:瞬間的暫定的に接着するとき使用。すぐ剥がせること。両面テープ。
 粘着剤には、ゴム系とアクリル系があるが溶剤を含んでいないため、どんなものでも接着できる。後者は高価であるが強力。片面粘着剤のセロファンテープがある。(セロテープはニチバンの商標)
●溶着 :すべて熱で溶ける材料であり、溶かすと強力に接着できる。
接着剤 特徴 備考
ボンド サイレックスクリヤー
シリコン用。 
  
ボンドG17
ポリプロピレン、ポリエチレン、シリコン、発泡スチロール不可
 溶剤型、淡黄色、安価
  
ボンドGPクリヤー
ポリプロピレン。ポリエチレン 溶剤型
  
セメダイン
有機溶剤型。発泡スチロール不可。
  
セメダイン スーパーX
無溶剤型。スチロール、シリコンゴム可。
  
瞬間接着剤
シリコンは不可。
  

■ 接着の手順・方法    
(1)接着面の処理:紙と紙を接着する製本の場合もほぼ同じです。
 ●ワイヤブラシ、サンダーなどを用いて被着材表面を研削して露出させることです。
 ●接着面の清浄 接着面の油・水・サビ・ほこり・塗料などをウエス、サンドペーパー、洗浄溶剤を使い清浄する。   (ゴム、プラスチック類は特に離型剤が表面に付着しているので注意する。)
(2)硬い二つの接着面には、気泡を作らないよう、できる限り平滑にする。
(3)被着材の両面に薄く均一に刷毛、ヘラ等を用いて塗布する。
(4)オープンタイム: 溶剤が揮散するまで被着材は必ず5〜10分放置する。
(5)貼合せ:オープンタイム後、一時的に強い圧力で圧締する。
(6)硬化・養生 実用に耐えるまでの時間、圧締・固定したまま養生する。