手作り工作・発明教室   部屋の暖房の省エネ   09/02/26,09/03/20

 ベッドの上に窓があります。夜中12時頃エアコン、灯油ファンヒータを切ってねます。ところが寒くて目が覚めたりして寝不足になり困っていました。厚手のカーテンをしているにも関わらず冷気が入っていました。そこで窓の断熱をして省エネすることにしました! 

(1)窓ガラスは空気層のあるプチプチ、ポリカーボネート中空構造板を室内側に取り付けました。二重ガラス窓と同程度の断熱効果あります。
(2)2重カーテン2個、ブラインド2個を除去し、代わりにロールカーテンを手作りしました。部屋が10cmぐらい広く使えます。また雨戸も使わなくなりました。
(3)部屋側に露出似ているアルミサッシには断熱シート切り取って両面テープで貼り付け、アルミが見えないようにしました。アルミは熱伝導率が極端に大きいからです。
(4)風の強い日には隙間風が入っていたので隙間テープを貼り付けました。
東南の窓 170x104cm
窓の構造窓の構造 
窓の構造 
 断熱材としてポリカーボネート中空構造板をとりつけたもの。透明度抜群。固い
 

西南の窓1 170x170cm
西南窓の構造窓の構造 
 下半分はすりガラス、上半分は透明ガラスです。
 光が入りすぎて部屋が暑くなったので光の量を調節する市販のすだれ用二連式巻上器(ワタナベ工業㈱)を購入して改造し手製のロールカーテンを任意位置で止められるようにしました。(左の写真)
 プチプチをすりガラスの内側に貼り付けた様子(右の写真)。
●操作時間 
 カーテンを一番上まで巻き上げる  15秒。
 カーテンを一番下まで下ろす  10秒。
 カーテンを途中の任意位置で止める  15秒。
 
西南の窓2 170x170cm 上記 西南の窓1と全く同じ構造、大きさ

北東の窓 170x104cm 上記 東南の窓と全く同じ構造、大きさ


断熱材 主な断熱材 
(1)ポリカーボネート中空構造板、アクリルサンデー㈱:ガラスの代用品。91cmx182cm。厚さ4mm。1990円。6枚使用12,000円。建材店で購入
(2)暖かアルミ毛布、ユーザー㈱:ロールカーテン用の生地として使用。就寝時・災害避難時。布のように柔らかい。 1050x1800mm。980円。5枚使用5,000円
(3)プチプチ:荷造り用緩衝材。できるだけ透明なものを使用。安価。
(4)プラベニヤ、養生シート:できるだけ透明なものを使用。厚さ2.5mm
(5)発砲スチロール板:厚さ4mm
(6)アルミ蒸着発砲ポリエチレンシート:厚さ1.5mm。安価。

効果 
 雨戸、カーテン、ブラインドを不要にした。
 部屋の断熱をして、暖房費を半減以上できたような感じ。
 就寝時寒くて寝れないようなことはなくなり、熟睡できるようになった。

懸案事項 
 ロールカーテンを巻き上げ式にする。巻き上げ具を購入したのでこれをつけてみる。
 室内温度と外気温度のグラフを1カ月以上とっている。分析して定量的に効果を解析する。

感想ほか 
 昼間の太陽熱エネルギーを取り込んで、夜間はその熱を逃がさないように断熱する。究極のエコを目標にしている。
 今回の工作実験は、夏の冷房省エネにも役立つ。
(1)ポリカーボネート中空構造板を見つけて入手でき、比較的安価に工事できた。10m2ぐらいのまどの工事で3万円程度。見積もりして専門家に工事を依頼すると平方メートル2万ぐらいなので20万円ぐらいかかりそう。約10分の1