手作り工作・発明教室   ベランダの風、強風・突風対策について

 強い風は、逃がす構造にしている。強風が透明シートに当るとシートの上辺はゴムで固定している。このため風は透明シートを押してベランダに入ってくる。
 透明シートが受ける風の強さはその投影面積に比例し、風速の2乗に比例する。従ってシート素子が小さい方がよい。
 冬の風は北西の風が一番多い。ベランダの向きは北西に1.5mの幅であるが隣家が風を防いでくれる。南西は8mの幅であるが風は弱い。南東は1.5mの幅であるが風は弱い。
 風向は「風見鶏」で判るので、風速を測定する風速計を購入した。

●ベランダは上部は風が通り抜けるようにしているので寒い。従って温度はベ上<べ中<ベ下の順。室内の温度分布と真逆なので変化を少なくする。
●ベランダは、外気より10度上昇している。また室内温度もベランダと同じ。 省エネ効果はベランダを通過して 窓ガラスから部屋に入った熱量。部屋の外壁に当った光は壁に蓄熱されて夜間部屋が冷えるのを防いでいます。

                                               
手作りの風見鶏の動画
     ベランダの樋に縛りつけました。

 風の向き、強さの概略がわかる道具です。ベランダには温度計もあり、室内で外気温が判ります。風向は、体感では判りにくいためつくりました。中空の養生シートで本体を、枠はポリカーボネートで「コ」の字に作りました。感度が良すぎて困るほどです。よく回るために、風見鶏の下にナイロンワッシャーを取り付けています。また、心棒は完全に垂直に取り付ける必要があり、微調整するようになっています。雨にぬれてもさびないように回転の心棒はステンレスの針金です。

 風見鶏の頭方向から風が来ています。黒色の尻尾は風が無い時は垂れ下がって、風が強くなると上がってきます。風向風力はめまぐるしく変わります。音が出るようにすると面白そう。形も犬、馬、魚などにすると面白そう。
 雨センサー、日射計もほしい。