手作り工作・発明教室   エコ生活、ロールスクリーン   2009/03/28, 2012/11/19

 3年半たったロールスクリーンが壊れました!
 寒い冬場は、朝起きるとスクリーンすぐ巻上ます。朝の太陽熱を取り込むためです。
 
 原因は巻上用紐が紫外線で劣化してボロボロ。巻上ローラが摩耗して紐が引っ掛かりスムースに巻上たり降ろしたりできない。

 改善後の巻上用紐と巻上ローラ! 
 巻上用紐は釣り糸に交換しました。巻上ローラは環付きネジに交換しました。

窓の構造窓の構造 

  

窓の構造窓の構造 

  

試作結果 
(1)市販のすだれ巻上具を数百円で購入していたが、環付きネジ3本と釣り糸6mぐらいで手持ちの材料だけで作った。材料費が安い。
(2)巻上て固定するまでに5秒程度、カーテンを下ろすのに5秒以内。極めて短時間。これは糸と環の間の摩擦抵抗がほとんどないため。

(3)カーテン生地が小さく密に巻き巻き付けられている。すっきりしてきれい。
(4)製品寿命は釣り糸が紫外線では劣化しにくい海釣り用PEラインのため、長いと考えている。万一切れるようなことがあれば、別のものに簡単に交換できる。

予定 
(1)カーテン生地の交換が楽にできるようにする。
(2)横175x縦100cmであるが、他のサイズのカーテンも作る。
(3)環付きネジ、吊り下げ紐として他の材料もテストする。





 カーテンにはいろいろな種類、目的があります。カーテン、スクリーン、ブラインドです。ところがこれらは省エネを主目的にしたものは少ない。そこで窓枠との隙間がないスクリーンを作ってみました。省エネの効果を定量的に把握できていませんが、公開することにしました! 

(1)手作りしたロールスクリーン(カーテン)を取り付けました。(カーテン、ブラインドを除去)
(2) 夏の冷房時の昼間は、アルミ面を外側にして太陽光を反射し室内に入れないようにする。

手製のロールスクリーン設置した窓 170x104cm2か所、170x170cm2か所の計4か所
窓の構造 
 左はアルミ面を外側にした状態。   


スクリーン生地:
 暖かアルミ毛布、ユーザー㈱:ロールカーテン用の生地として使用。就寝時・災害避難時。布のように柔らかい。 1050x1800mm。980円。6枚使用6,000円
 表面:アルミコーテイング、裏面:ポリプロピレン不織布など4層構造。

 光が入りすぎて部屋が暑くなったので光の量を調節する市販のすだれ用ダブルサイズ用巻上器(ワタナベ工業㈱/㈱ノムラテック)を購入して改造し手製のロールカーテンを任意位置で止められるようにしました。

●操作時間 
 カーテンを一番上まで巻き上げる  10秒。
 カーテンを一番下まで下ろす  10秒。
 カーテンを途中の任意位置で止める  10秒。
 ロールスクリーンの表裏交換 なんと3分!
 

懸案事項 
  室内温度と外気温度の時間変化のグラフを2カ月以上とっている。分析して定量的に効果を解析する。
  スクリーン生地として、他の素材も実験したい。
  窓枠とスクリーンの間にできる隙間をすくなくしたい。(対流による熱伝導を少なくするため)
  巻き上げ器の操作時間を5秒ぐらいに短縮したい。
  塗装などにより見た目をきれいにする。

感想ほか 
 冬の昼間の太陽熱エネルギーを取り込んで、夜間はその熱を逃がさないように断熱する。究極のエコを目標にしている。  夏の冷房省エネにも役立つ。