手作り工作・発明教室   我が家の避暑地♪ 街中の別荘♪  2012/8/9 リフォーム
                                               
リフォーム動機
 2階和室の天井に雨漏りの印の大きなシミがでていた。早速応急処置をしてもらった。 昨年夏、2階の天井の温度を測ったら35℃~40℃あった。この時屋根裏は60度ぐらいになっていておどろいた。天井の温度は私では下げることはできなかった。  今年の4月に暴風雨が襲ってきた。自分で作ったベランダの屋根が飛びそうになり、必死で押さえて飛ぶのを防いだ。素人が園芸用のイボタケで作ったので壊れるのは当然。強風で壊れたことがそれまで何度もあった。なんとか丈夫な物に変えたいと思っていた矢先である。
 これら3つのことから、2階屋根は葺き替えて断熱、ベランダは今までの経験から屋根と柱の構造は自分で設計し作ってもらった。ベランダの構造は、省エネを考えた構造であり、業者がやったことがないものである。
 ベランダの大枠は、業者に作ってもらいました。 業者もやったことがない特別仕様です。
(1)屋根は軒下外壁に取り付けないで、部屋の屋根の延長に作りました。⇒屋根が普通の工事より20cmぐらい高くなりました。しかし取り付け部分から雨漏りがするので業者さんは大変でした。雨漏りが2ヶ月間続き、8月27日完成したと思える。
(2)元からあったベランダの手すりの上に2本の手摺り付けてもらいました。⇒私がルーパーを付けるためです。

 
 2階屋根の構造、断熱工事は、業者の説明から選ぶのみ。天井温度は35℃以下で快適。
 2階屋根、ベランダはパナホームに依頼し断熱しました。 部屋もベランダも省エネして快適です♪。
 ベランダは外の景色が見られること、風通しが良いこと。土足で工作出来ること。必須要件です ♪。

結果
★ベランダは、アマチュア測候所♪ 手作りした風見鶏?の動画もあります。2012/10/9
 夏場の部屋のエアコンの省エネのため壁・窓に直射光が当らないようにする。 新設した屋根に厚み2cmの発泡スチロール断熱材を貼り付けている。さらにアルミ蒸着の反射シートを被せました。屋根の断熱は増加しました。
 ⇒ベランダから、部屋のガラス窓、壁の温度は外気温と同じになりました。
 雨が吹き込まないようにしました。  大工道具、ベンチ、カッターナイフなどが錆ません。
 真上の空が見えるようにする♪。 天窓30cmx67cmの4個分を取り外した時 吊り下がるようにしました。星空を見たり、冬は日光が入るので冬の昼間は暖房費の節約になります。
 ベランダ柵の下の10cmぐらいの横に細長いルーパーを付けて、そよ風も通すようにした。 ⇒雨でベランダの床がぶれることが無くなった

sakura ★ベランダの柵に発泡スチロール断熱材を貼り付けている。
★ベランダの手摺りの上は三段のルーパーを付けている。


sakura ★ベランダ全体にルーパーで風は通すが雨は通さない構造にしている。
★ベランダの屋根の発泡スチロールは簡単に取り外せて、天窓で星空が見える。
★ルーパーは日光は通さないので暑くならない。また透明に切り替えたり、完全に無くした状態に出来る。すなわち窓を開けた状態なので外の景色が見れる。

★開閉可能ルーパーは、縦30cmx横幅90cm単位に18個あり、1個当たり10秒で開閉できる。操作性がいいため何時でも開閉可能。
★普通は高さ150cmぐらいまでは、光を通さないので目隠し機能がある。昼、夜かまわず裸の生活ができる。夕涼み、喫煙、工作ができる。雨の日でもOK.
★布団など手摺りに垂らして簡単に干せる。
★雨の日にも選択物を干せる。昨夜は、ベランダで工作物の塗装乾燥させました。
★就寝時、窓を開けることができる。エアコンを付けないで寝たら26日の朝、寝苦しく目が覚めた。室温29度、湿度75%だから当然。エアコン27℃に設定したらすぐ寒くなった。シーツはもっと通気性のあるものにしたい。

♪六月の電気代は、3000円ぐらい節約できた。
♪今日は風呂上がりに、上弦の三日月と飛行機が見えました。キャンプ用デッキチェアで夕涼みを兼ねて寝てみました。そよ風が心地よい。しばらくすると蚊が来たので引き揚げた。次回から電気蚊取りを使おう。リラクゼーションルーム、街中の別荘が目標。

 ベランダは暴風雨、紫外線など過酷な気象条件にさらされているため、寿命・壊れないようにすることなど、解決すべき問題点は数多く残っている。今後とも運用しながら改善していく予定。