手作り工作・発明教室   自慢できる2階ベランダ  冬用♪  2013/1/1

クリックすると写真を拡大します。左から元旦の南の角。部屋の中から眺めた。西の方向。



★新設した屋根の発泡スチロール断熱材を仕舞った。
★ベランダの柵の発泡スチロール断熱材を撤去しごみ収集にだした。
★ベランダの手摺りは、出窓状になっていて、奥行20cmの板を乗せると軽量物を置ける。長さが8mもあり、いろんなものが置けるから便利。ベランダが広く使える。
★手摺りから上の部分は、糸入り透明シートで脱着、開閉できる。
★ベランダ柵の下の10cmぐらいの横に細長い隙間は風も通さないようにした。

sakura ★ベランダ全体は雨を通さない構造にしていので洗濯物を干せるし、工作ができる。
★布団など手摺りに垂らして簡単に干せる。


■結果

 12月24日午後10時ごろ名古屋気象台の気温1度、ベランダの気温が4度有る。すなわち3度ぐらい高い。原因はベランダの蓄熱で気温が下がるのが遅れることと思う。またベランダ全体がプラスチックで覆われているので風が弱められる。すると部屋の温度が下がりにくくなる。風が無いと同じ気温でも部屋の温度は下がりにくい。

 12月18日正午ごろ、眠くなったのでデッキチェアーを持ち出して寝てみました。日差しが強くて顔にタオルをかけました。ベランダの気温が20度ぐらいでも風が無く直射光が当ると暑いぐらいです。

 12月23日:糸入り透明ビニール180cmx25cmと110x40cmを糸なしのビニールに変更して景色がよく見えるようにした。


●ベランダは上部は風が通り抜けるようにしているので寒い。従って温度はベ上<べ中<ベ下の順。室内の温度分布と真逆なので変化を少なくする。
●ベランダは、外気より10度上昇している。また室内温度もベランダと同じ。 省エネ効果はベランダを通過して 窓ガラスから部屋に入った熱量。部屋の外壁に当った光は壁に蓄熱されて夜間部屋が冷えるのを防いでいます。

■今後の予定

 ベランダは暴風雨、紫外線など過酷な気象条件にさらされているため、寿命・壊れないようにすることなど、解決すべき問題点は数多く残っている。今後とも運用しながら改善していく予定。
 目標は温室で、15度ぐらい外気より温度上昇したい。
 蓄熱、目隠しについて検討する。
 夏に使った発泡スチロールをごみに出したので夏用遮光材料を検討する。

■関連ページ
ベランダの冬温度実測値 10度ぐらい上昇しました2012/12/22