発明工作教室 

デジカメ・読書・パソコン用照明器具工作   2006/07/26



■動機
 LEDを使った省エネの強力な光源の懐中電灯、ランプが普及し始めました。直接光源が目に入ると眩しくて目を傷めます。また光源が小さいと影が出て、読書・パソコン・写真に不向きです。このため脱着可能な間接照明用カバーを作りました。手作りで安価に簡単にできるようになりました。接着剤だけで組み立てました。3個作成しました。

1)蛍光灯で撮影すると陰が出る。反射板で陰を消していたが角度など固定が難しい。
2)別の蛍光灯で陰を照らすと光の種類が変って別の色になる。
3)強烈な蛍光灯の光が直接目に入ることがあり目に悪い。近頃LEDが出てきて、ほとんど熱が出ないで光になってきました。強烈な光源になってきました。

■06/7月作成     デジカメ写真照明用の クリップ型スポットライト
sankyaku1sankyaku1 左がランプを交換したクリップライトと作ったカバー。

 右がカバーを取り付けたときの反射板の様子。
★作り方

ライト クリップライトを購入します(3000円弱)。100ワット、レフ型電球色ランプが付いているので取り外し22ワット100ワット相当、昼白色ランプ(1500円)と交換します。
材料 画用紙とクッキング用アルミ箔。
接着剤 ボンドGPクリヤーの容器を改造して細口化。(製本屋さんが開発した発明品)

1)画用紙で先の広がった円筒を作ります。
2)円筒を脱着するため、発泡素材を細い部分に3箇所貼り付けます。
3)内側に光の反射用にアルミ箔を接着剤で貼り付けます。

sankyaku1★従来カバーの改善
 角が尖っていて危ないたので、角の尖りを少なくした。


■05年12月作成3個目作品     アームスタンド用の蛍光灯カバー
sankyaku1 ★作り方
材料 画用紙とクッキング用アルミ箔と半透明PP袋。
接着剤 ボンドGPクリヤーの容器を改造して細口化。
   (製本屋さんが開発した発明品)

1)画用紙を30cmX60cmの長方形を作ります。両サイド用には1辺32cmの三角形を2枚作ります。
  頂点の一つを半円状に切り、次に糊代を作ります。合計3枚作成。
2)接着剤で糊代を貼り付けます。
3)内側に光の反射用にアルミ箔を接着剤で貼り付けます。
4)半透明ポリ袋を32X32cmの正方形に切って開口面30X30cmに貼り付けます。
5)蛍光灯挿入口を蛍光灯の断面に合わせて切り抜きます。

★結果
 光源の大きさが22X4=90平方cmから30X30=900平方cmになり眩しさは10分の1。
 カバーの重さ44gで非常に軽い。
 細口ボンドGPクリヤーが大活躍。すぐ乾き仮止めが不要。接着しにくいポリプロピレン、ポリエチレンが接着できる。

■2個目作品の結果
 陰が少なくなった♪ 眩しくなくなり、やさしい光で読書、パソコンで目が疲れない♪
 光源の大きさが24平方cmから475平方cmと20倍なので、眩しさは20分の1。
 製本用の細口木工ボンド速乾が大活躍。アルミ箔の貼り付け、角にボンドを付けるとき。
 細口速乾木工ボンドを使用したが、接着するまで時間がかかりセロテープで固定するのが面倒だった。細口のボンドG17がほしい。
sankyaku1sankyaku1 ★作り方
  ・材料は画用紙とクッキング用アルミ箔とトレーシングペーパー。
1)画用紙でカバーを作ります。
2)内側に光の反射用にアルミ箔を細口木工ボンドで貼り付けます。
3)トレーシングペーパーを開口面に貼り付けます。


sankyaku1sankyaku1sankyaku1  使い方
左:カメラ用三脚にクリップスタンドを取り付けます。
中:カバーを穴に差し込んで点灯する。
右:スタンド型蛍光灯にカバー付け点灯。


sankyaku1 ★ベッドにクリップスタンドを取り付け
 デジカメ撮影しないときは、ベッドの板に蛍光灯を取り付けています。
 場所もとらず快適です。手で影ができにくく読書で疲れません。

理科の勉強:カバーはできれば、放物曲面の焦点にランプがあるように作ります。光が開口面全体から平行に出るからです。
蛍光灯は白熱電球より発熱量が少なく、カバーに放熱用の穴を開けなくてもよいと思います。