手作り工作・発明教室  タイヤのバースト体験と再発防止策  10/4/4

 (この頁の掲載場所が不適当ですみません。別の場所に移動するつもりです。)
 コンビニでタイヤがバーストして、命拾いしました!? 貴重な体験なので、状況と反省と再発防止策を勉強し、まとめています。皆様のお役に立てればと思います。♪
 高速道路のトンネルで破裂していたら、間違いなく私はあの世にいっています。
 皆さんもタイヤの劣化に注意し、製造年月とひび割れをチェックしましょう !

 3月25日、近くのコンビニから出るときガタガタ音がしました。隣のスーパーの駐車場に 止めてみると左後輪のタイヤがぺちゃんこ。
 ここで面倒なスペアタイヤに交換しようか迷いました。駐車場は満車だし、交換場所もないので、スペアタイヤと交換することはやめました。
「後日談」:ボンネットを開けようとしたら、開きませんでした。修理工場に来てもらい、2人がかりでやっと開けることができました。バネなど可動部分のさびを取り油をつけました。
 次にジャッキを取りだそうとしましたが、金属バンドで固定されていて、取り出せません。ジャッキを縮めて取り出す構造になっていることを知りませんでした。ジャッキを収納する時は、ジャッキを収納してからジャッキを伸ばして固定する必要があります。
 (蛇足1:最新の車はスペアタイヤがついていません。したがってスペアタイヤと交換もできませんからバーストしたらお手上げ状態です。)
 (蛇足2:車は10年経つと毎年車検でしたが現在は、永久に2年おきの車検になりました。老朽化の判断がむずかしくなりました。)

 ハザードランプを点滅させながら、ガタガタのろのろと道路の左端を走り運転していきました。
わずか1km運転の時間がみんなに見られているようで、長くて最高の恥さらし。
 このようなことをすると、リムが傷つきタイヤ交換してもバーストしやすくなります。
 JAFか修理工場に電話するのがベストだったと反省しています。
 JAFの電話番号は携帯に登録しました。


 やっと、修理工場に着いてみてもらったら、タイヤのパンクではなく、
タイヤの劣化が原因のバースト(破裂)でした。
 他の3本のタイヤにも無数の亀裂、ひびが入っていて寿命だと言われました。
 タイヤの溝は十分ありましたが、タイヤを取り寄せて4本とも交換し、5万円強。

先日、名港トリトンを通って3人で釣りにいったときでなくよかった。
30日は孫たちを連れて中央高速を恵那インターまで走った。タイヤを交換しているので安心。
タイヤの山は点検していたが、小さなひび割れはたくさんあったけれど気にしなかった。
遠出して、タイヤバーストは大変な目にあいます。
JAFに依頼し、レッカー車が簡単でいいと思います。
こんな経験は、2度としたくないので再発防止策を考えました。
 タイヤを何時交換したかが問題です。思い出そうとしても覚えていません。
調べたら、タイヤに製造年と週が表示されていることがわかりました。

 再び整備工場に行き、外したタイヤを調べたら、バーストしたタイヤは04年製(6年経過)
横の一番薄い部分が10cmぐらい裂けていました。
他の1本は02年製造(8年経過)でバースト寸前。他の2本は不明。

 なぜバーストするまで見つけられなかったかが大問題です。聞いてみたら車検のとき、タイヤの劣化はチェックしない。   劣化による寿命判断は、すべて素人のユーザー責任になります。 タイヤ交換は高価で、予算の関係があるからです。
 高齢者が増えています。車には殆ど乗らないでタイヤの山があるから大丈夫と考える人が
多いと思います。面倒なことはやらない人が多いと思います。しかし命には代えられません。

仮想討論
タクシー運転手などプロのドライバーに言わせれば、バーストさせるような人は、運転させるべきでない。
免許を取り上げるか、車を取り上げるべき。走る凶器に乗っているようなものだから。
 私 に言わせれば、車検に通った車で安全運転しているのに、タイヤが劣化してバーストするのはおかしい。車も整備しているし運転に過失がない。タイヤメーカが陸運局が悪い。
タイヤメーカが陸運局に言わせれば、全責任は、エンドユーザの 私 にある。タイヤも劣化するのは常識。タイヤだけでなく、全ての部品には寿命がある。

★車に殆ど乗らず、スピードを出さず、車の知識のない人の タイヤバースト再発防止策
 車は動けばいい。という考えで点検もせず運転していましたが、故障が多いので車も寿命と判断し廃車しすることにしました。タイヤ交換費用がむだでした。また新品タイヤが廃棄物になるのはもったいない。

(1)信頼できるディーラ、整備工場と定期点検契約を結びここでタイヤ交換してもらう。
(2)縁石に乗り上げたり、こすったりしたときはひび、傷を丁寧に目視でチェックし、心配な点があればディーラに持ち込む。
(3)日当たりのよい駐車場は3年、北側の駐車場は5年、車庫駐車の人は8年で交換。
  (タイヤの劣化状態は分からないので、私の独断で賞味期限の目安を決めた。自転車のタイヤは15年ぐらい経っているが劣化していない。)
(4)高速道路は使わない。止む得ず使うときは、左車線をゆっくり走る。追い越し車線の車が追い抜いてもあせらない。あまり遅いので、「他の車の迷惑になる。スピードを出して!」「ここは最低速度が80キロ!遅すぎる!」と言われたことがありました。80の表示は制限速度で最低速度の標識はないのに!! こんなせっかちな人は事故を起こします!
(5)万一、パンク、バーストなどの場合は、道路の左端に停車し、事故車の三角の表示板を立てて、
 JAFに連絡する。
 レッカー車のお世話になることが多いと思いますが。

★タイヤには製造年週が必ず刻印されています。
(1)2000年以降のものは7桁で最後の4ケタを見るとわかります。
 xxx0509なら2009年5週なので2月です。
(2)1990年代のものは6ケタで最後の3ケタで表示されています。
  xxx518なら1998年51週です。

★タイヤの寿命:3年または3万キロ、数年、10年など様々な値があります。
 保管状態、使用状態に変わってくるからです。

★製造されてからの時間がたてば、必ず劣化し、ぼろぼろになっていきます。
 ガソリンスタンドで特価品タイヤは注意しましょう。製造年月をみて購入しましょう。タイヤは生もの、経年劣化し続けています。古いものは余命が短い。 直射日光により寿命が縮まります。

★妻の車のタイヤチェック:11年も経っている。2.4万キロ走行。220km/月。寿命!!
  前2本は2年前の車検時指摘され交換。後ろ2本をチェックした。予想通り、タイヤの溝は大丈夫だけれど、縦、横に無数の亀裂がある。危ないので28日交換。 ◎バーストのおかげでチェックしてよかった。♪