発明・工作   温度と湿度から水蒸気量を計算するプログラム   10/5/15,11/3/10改定

 空気1立方メートル当たり何グラムの水蒸気を含んでいるか計算するプログラムである。
 気象庁の過去データには、温度、湿度は載っているが水蒸気量がなくて計算が時間がかかるので作りました。JavaScriptを使用しプログラムを作成。

●静電気が発生するかどうかは、相対湿度より、絶対湿度に左右されると考えるからです。
●湿度が低い冬の室内を加湿する効果計算にも使いました。



  計算式は次を使う。
(1)温度tから飽和水蒸気圧eを求める  e=6.11×10^(7.5t/(t+237.3)  Tetensの式
(2)eとtと相対湿度rhから水蒸気量a(グラム/立方m)を求める  a=217×e/(t+273.15)xrh/100


温度:   
湿度:   
グラム/立方m  
 別の数値を入れて、何度でも計算できます