手作り工作・発明教室  省エネ・エコ生活を工夫するための温度計・温度測定   09/03/10

 地球温暖化を防止するためには、理系の目で検討・研究することが重要です。このためには、温度測定道具を購入しなければなりません。実際に購入し使用した感想・結果を開示します。データを取っていろいろ工夫しましょう。

製本屋さんが使った温度計の種類と特徴 
種類 センサー特徴
赤外線輻射温度計赤外線量 熱力学の理論式を応用して、レンズで赤外線を受けて、温度を計算する。結果はデジタル表示。反応速度が極めて速く測定効率がいい。測定温度範囲が広い。非接触型温度計で離れた場所の表面温度を測定できる。類似品として赤外線カメラなどあり 
サーミスタ温度計サーミスタ熱による電気抵抗の変化を利用する。センサーが安価に入手でき、結果はデジタル表示。反応速度が少し速い。測定温度範囲が少し広い。他に熱伝対温度計、白金温度計などがあるが高価。 
従来の温度計水銀・アルコール熱膨張を利用する。反応速度が遅く、アナログ表示で目盛りを読まなければならない。測定温度範囲が狭い。 

 
■赤外線放射温度計 8月26日東急ハンズで10,000円で購入。佐藤計量器製作所、SK−8700U。

 赤外線放射量を測定し、温度を計算式から逆算して求めている。
 すなわち、温度か放射量(ワット)の一方がわかれば、他方の値は計算できます。
 非接触型の温度計なので、料理で油の温度を測定したり、肉の焼け具合を簡単に測定できます。温度が瞬時に判るのも便利です。

 天井の温度を測定したり、床の温度を測定したり、サッシのアルミの温度を測定したりしています。



■サーミスタ温度計 9月2日Webで送料込みで4620円で購入。潟Jスタム、CT−26L。
 従来の温度計が気温を測定するとき不便であったので、急遽購入。

 屋内と屋外の気温を同時に測定するため購入。また車内の天井近くの高温空気の温度を測定するために購入。
 屋外用には3mのケーブルが付いていて、70度Cまで測定できる。屋内、屋外の温度が常時表示されているため、26度ぐらいになると窓から外気を入れるとエアコン使わなくてもよい。車内温度測定には、床に温度計を置き、屋外用のセンサーを天井近くに吊るす予定。センサーが2cmぐらいで小さいこと、温度が70度Cまで測れるのもよい。
 最高最低の温度が測れる。

■サーミスタ温度計で外気温の測定 青い箱の天井の黒い部分がセンサー。2009年3月10日  

 名古屋気象台の発表する温度と私の測定した温度の差が大きすぎるので原因を検討した。私の測定した温度が高すぎる。特に日照のある午後がそうである。
 センサーに西日が当たっていたことに気がついた。裏返して金属に直射日光が当たらないようにした。これでもセンサーの黒いプラスチック日光が当たると熱をもって、温度は気温より大きいようだ。そこで気象庁に設置されている百葉箱をまねて設置することにした。今まで測定した昼間の気温は大きめに出ている。
 場所は南西の軒下。大きさ:5x7x5cm。
 直射日光がセンサーに当たらないように温度センサーを箱の天井に貼り付けた。風で吹き飛ばされないようにビスで止めている。
 温度計は断熱シートで覆い、風通しがいいようにスリットをもうけた。

■温度・湿度の測定 容易に入手可能なもの  2008/8/10

 エアコンの省エネのためには、屋外の温湿度を測定し、温度が28度より低い夜間には窓を開けてエアコンはオフしている。このためには外気温度を知る必要がある。
 左の温度計は最高50度までしか測定できない。車内温度は、50度を越すことがある。
最高・最低の温湿度計(左)  山田電気で購入。2500円ぐらい。温度誤差±1度。湿度誤差±2%。
最高・最低の温度計(中)  水銀。ホームセンター園芸用品で購入。2500円ぐらい。
温湿度計(右)