手作り工作・発明教室  省エネ・エコ生活を工夫するための気温測定   09/03/11

 地球温暖化を防止するためには、理系の目で検討・研究することが重要です。このためには、温度測定道具を購入しなければなりません。実際に購入し使用した感想・結果を開示します。データを取っていろいろ工夫しましょう。

■サーミスタ温度計 2008年9月2日Webで送料込みで4620円で購入。潟Jスタム、CT−26L。
 従来の温度計が気温を測定するとき不便であったので、急遽購入。

 屋内と屋外の気温を同時に測定するため購入。また車内の天井近くの高温空気の温度を測定するために購入。
 屋外用には3mのケーブルが付いていて、70度Cまで測定できる。屋内、屋外の温度が常時表示されているため、26度ぐらいになると窓から外気を入れるとエアコン使わなくてもよい。車内温度測定には、床に温度計を置き、屋外用のセンサーを天井近くに吊るす予定。センサーが2cmぐらいで小さいこと、温度が70度Cまで測れるのもよい。
 最高最低の温度が測れる。

■サーミスタ温度計で室内で外気温を測定 2009年3月11日  

 写真は下から見上げた。青い箱の中の天井の黒い部分がセンサー。
動機 名古屋気象台の発表する温度と比べると私の測定した最高気温が高すぎるので原因を検討した。特に日照のある午後がそうである。

原因  センサーに西日が当たっていたことにすぐ気がついた。裏返して金属に直射日光が当たらないようにした。これでもセンサーの黒いプラスチック日光が当たると熱をもって、温度は気温より大きいようだ。そこで気象庁に設置されている百葉箱を参考に設置することにした。


作成と設置  大きさ:5x7x5cm。
 場所は南西の軒下(ケーブルの長さが3mなので本体から離れた場所に設置できない)。

 箱の材料:厚さ3mmのプラスチックベニヤ(養生シートとも言う)。青色の中空塩ビに発泡ウレタンが貼りつけてある。柔らかいのでカッターナイフで簡単に切って作れる。組み立ては接着剤は使わずアルミで特殊ピンを作った。
 直射日光がセンサーに当たらないように温度センサーを箱の天井に貼り付けた。風で吹き飛ばされないようにビスで止めている。
 温度計は風通しがいいように4方向から風が入るようにした。
 屋外に設置するので雨が降っても濡れないようにした。