発明工作教室 

工作教室・文房具立て   2006/07/13,08/31



■動機
 事務用品が多くなり、探すのが大変になってきた。接着が難しいポリプロピレン、ポリエチレン用の接着剤(ボンドGPクリヤー)細口容器を開発し、工作がしやすくなった。工作には接着剤が非常に大切。

1)ペン皿を使っていたが場所をとる。
2)いろんなペン立てを購入したがやはり場所をとる。
3)透明なペン立ては少ない。

■ペン立ての作成 左上の写真の小物立てを購入し、「コ」の字型にポリプロピレンでパーティションを8個作り接着剤で貼り付けた。これにより、部屋の数が6箇所から14箇所に倍以上に増加した(左下の写真)。列数は2列から4列に増加。出来上がった小物立ての3列目に接着剤を立てかけたのが右の写真。

sankyaku1sankyaku1 材料
(1)百均で左上の写真の小物立てを購入。17x10x高さ8cm。6種類に分けられている。
(2)百均でポリプロピレンの厚さ0.75mmの板を購入。同系色の空色の半透明板。

接着剤 右の写真の左から2番目のボンドGPクリヤー(製本屋さんが開発した容器蓋、特許出願中)
 よく使う接着剤4種類の写真。左からボンドG17、ボンドGPクリヤー、ボンドB1、木工ボンド。他に瞬間接着剤がある。またペットボトル用の接着剤もテストする予定。

■完成品 上の左下の写真のように、17x10cmの面積で、14種類に分けて立てる。前から2行目4列目は内側に薄いPPシートを貼り付けた。ポリスチレンにプラスチック消しゴムが接触してポリスチレンを溶かすことを防ぐため。

■結果
1)机上の面積が8分の1以下になり、机を広く使える
2)透明なので探しやすく取り出しやすい。また、元の位置に戻すのも簡単。
3)接着剤保管に便利。
 ボンドG17とボンドGPクリヤーはノズルを上にして保管。
 木工ボンドとボンドB1はノズルを下にして保管。

■改良結果   2006/8/31 上記の文房具立てを改善し2個作った
 一つでは不足してきたこと、より大きな道具を立てられるようにするため。
sankyaku1sankyaku1

●左の写真が小物立てを2個作り、よく使う事務用小物を入れている様子。立てかけることが難しいもの、収納が難しいものも、入れることができるよう工夫した。まだゆとりがある
・ノギス:長さが28cmあり、2x2.5cmのパーティションを作リ収納した。
・50cmの定規:2x6cmのパーティションを作リ収納した。
・大型三角定規:幅14cm、高さ24cmのものを、16.5x0.5cmのパーティションに収納。
・曲尺:L字型の大工用ものさしであり、16.5x0.5cmのパーティションを作った。
●右の写真が入っていた小物を並べてみた。40個もあった。