発明・工作    プラダン工作例 釣り用仕掛けケース    10/9/5,9/10

■開発動機
 釣りに行くときは、多くの仕掛けを持っていかなければなりません。状況によって仕掛けを変えます。すぐ取り出せるように分類しておきます。自由に間仕切り位置を移動させたい。このニーズから開発しました。

■用途 大きさ28x21x2cmで12個の小部屋に別れています。
(1)仕掛け巻きに巻いた仕掛けを32本収納している。予備仕掛け巻きを数個収納している。
 (仕掛け巻きもプラダンで作ったアイデア工作品)
(2)1号ガン玉おもりと0.5号ガン玉おもりを収納している。 釣り場でのおもり交換は非常に重要。おもり選ぶことで釣果は異なる。
(3)おもり交換用輪ゴムを10本ぐらい収納している。またおもりと幹糸接続具も開発し収納。(アイデア工作品)錘で根がかりした時、錘だけを捨てて仕掛け全体を取られないようにする。
(4)枝針追加用サル環を収納している。(アイデア工作品2種類)枝針、ハリスが切られた時、新しいものと簡単に交換可能。

 下記ケースには、発明・工夫工作品が満載されています。写真の中央に取り外した間仕切り板を写しています。防波堤での脈釣り、うき釣りには、この仕掛けケースを常時携帯しています。根がかりするような場所、流れが速い場所に魚は集まっています。
プラダン工作

■効果
1.パーティションの位置は数秒で変更できます!
 簡単にできるようになったのは、金色のピンを開発したことによります。
 仕切り板接続ピンの数は仕切り板の2倍必要です。この接続ピンは別の仕切り板でも再利用できます。
2.比較的短時間で製作できました。厚さ2.5mmのプラダンは容易にカットできるからです。
3.仕掛けの取り出しが容易。仕掛けをハリスの長さで分類し、長さがわかるように色、印を付けている。
4.間仕切りがしっかりしていて移動することが無い。リュックに入れたり、逆さにしても間仕切りが外れたりしない。振動に強い。

■間仕切り可変型小物ケースの作り方
1.百均で28x21x2cmの用紙入れ用透明ケースを購入
2.ホームセンターで厚さ2.5mmの半透明プラダンを購入。
3.百均で直径1.5mmのアルミ線を購入。
4.プラダンを高さ17mmで長さ1mぐらいの長方形にカットする。カットされたプラダンに幅1cmの両面テープを貼りつける。
5.コーナー部はカッターで内側をカットし曲がり易くした後、ケースの周囲に上記プラダンを貼りつける。
6.ケース周囲に貼り付けたプラダンの上部は45度で角を取り、ケースの蓋が閉まり易くする。
7.間仕切り用の仕切り板をプラダンで作る。高さ17mmで長さ19.3mm程度を2枚。
8.仕切り固定用のピン4本を作る。アルミ線をペンチで曲げながら作る。
9.仕切り板の両端にピンを挿入する。ピンの挿入さてた仕切り板を、ケースの端から93mmに位置に指で押さえ込んで付ける。これで縦方法に仕切り完成。(仕切り位置を変えるときは、プラダンをお持ち上げる)
10.横方向の左右の仕切り板の作成。高さ17mm幅93mmの仕切り版6枚とピン12本を同様に作り、仕切りを付ける。
11.横方向の真ん中の仕切り板の作成。高さ17mm幅80mmの仕切り版3枚とピン6本を同様に作り、仕切りを付ける。