手作り工作・発明教室HP       手作りの投げタモ   08/06/07  


釣シーズン到来♪  手作りの投げタモ 防波堤用の釣道具を工夫して作っています。
タモ 魚を掬う道具です。大きな魚は、竿が折れたり、糸が切れたりして海面から取り込むことが出来ません。海面から防波堤が高いと長い柄が必要です。5mぐらいで2kgぐらいの重さです。
構造
 タモは、網と竿とリールで構成されています。網は広げると直径50cm、枠を板バネで作っていてコンパクトに折りたためます。竿は仕舞い寸法75cm、伸ばすと3m、リールには20mの特に太い網糸を巻いてあります。全体の重さ600gです。リールをつけたタモは市販されていません。太い網糸なので、バックラッシュが起き易い為、バネで糸を押さえています。
特徴
(1)軽くて小さくて、持ち運びが楽。
(2)リールをつけて投げられるようにしているので、市販のタモで届かないような遠方の魚も掬えます。竿を3mぐらいに伸ばして使います。
(3)タモの網目を小さくしているので、海を浮遊している浮も掬えます。釣竿から外れた電子浮を掬うことが多く、何回も感謝されました。投げタモの独壇場です♪ 大きな魚は、チヌとボラぐらいです。
(4)タモは提壁用の落としタモと柄タモの2種類が市販されていますが両方の機能を兼ね備えています。