手作り工作・発明教室 > 釣り道具  釣り竿の種類    '10/10/4

■Uガイド外通し竿
 防波堤で落とし込みクロダイを釣る釣り竿です。特徴は道糸ガイド非常に小さくて穂先感度が非常にいいことです。小さなガン玉錘でも底に着いたかわかります。欠点は道糸を通すのが難しいこと。筏釣りにも使われます。

■リングガイド外通し竿
 磯釣り、防波堤釣り、投げ釣りに使われる万能竿です。釣り竿ガイドが円形のリングになっています。欠点は道糸がリングガイドにからみやすいことです。

■中通し竿
 糸が釣り竿の中を通っているため、道糸の釣り竿へのからみが少ない。絡んでも竿を振ると簡単に解消できます。また持ち運び時のトラブルも少ない。S社インターライン磯竿5.3mとリングガイド万能竿とを比較した特徴をまとめました。

◎◎ 釣り竿にガイドが付いていないためシンプルで美しく、釣っている時の道糸の絡みが無い。
 ◎ 持ち運び時釣り竿ケースの中で、他の釣り具との絡みが少ない。
 ◎ 穂先を折るトラブルが少ない。
 ◎ 餌を付けたり仕掛けを交換するため竿を立てても、道糸の絡みが少ない。
 ◎ 風が吹いていても、道糸の絡みが少ない。
 ◎ 夜の電子ウキ釣りに適している。

× 竿を伸ばしたり、縮めてしまうとき、竿の構造を考えた特殊な方法が必要。このため初心者向きでないかも。
× 糸を竿管の中を通すためには糸通しワイヤーが必要。
× 高価。
× 竿管内で糸踏みによる糸癖、糸がらみが比較的多い。トラブルを少なくする工夫が必要。
× 穂先が固く、魚の食い込みが悪い。先調子ができず胴調子の釣り竿になる。
× 普通、スピニングリールを使うため、竿とリールで500gぐらいで重い。片手での脈釣りはできない。
× シモリ玉を付けて道糸に付いた水を切ったほうがよい。

 仕掛けの落下スピードが遅い。糸が竿管内を通る時の摩擦抵抗が大きいため。