発明工作教室 

糸巻き  (特願平9―16158、特願2000―295590、特願2001―210497)



■ 概要
 従来の糸巻き(釣り糸用糸巻き、裁縫・刺繍用糸巻きなど円筒状小型糸巻き)は、糸の巻き戻りを防ぐため糸の端を糸巻きの鍔部に設けた切込部に引っ掛けて止めている。環状ホルダーは、これを使用する事により鍔部の切込は不要となり、どの位置でも糸止めが可能で、糸の巻き戻りが確実に防止できるとともに、糸出しも巻取りもスムースになしうる特徴を有する。

■利用可能商品
 釣り糸用糸巻、裁縫・刺繍用の糸巻など円筒状小型糸巻。
  
  環状ホルダ(道糸に適用)  展示ぶら下げ     操作図

  
    環状ホルダ1                環状ホルダ(刺繍糸に適用)

■特徴・効果
 従来の糸巻は、糸を止めるために糸巻の鍔(ツバ)部に切り込みを設け、ここに糸を引っ掛けてとめていた。触るとすぐ外れて糸が絡んで困っていた。本発明により、糸が容易に外れないような糸止めバンドを提供でき、糸がらみトラブルを皆無にできた。
(1)糸巻に手が当たったり、ポケットあるいはタックルボックスに入れての釣行時に 動かしたりすることによる、糸が外れて糸がらみするトラブル解消。
(2)糸巻をぶら下げたままで鈎結び、糸の巻きつけ作業ができ作業効率がいい。  従来は糸止めから糸が外れて、糸巻きが転がるため両手の作業ができなかった。
(3)プラスチック板を打ち抜いて製造することもでき、安価に多量生産できる。
(4)釣り用糸巻においては、糸止め部をなくすることにより、安価に多量生産できる。
(5)市販されている、糸巻にも容易に脱着できる。
(6)釣り用高級糸巻においては、糸巻ケースが不要になり、省資源・資源の再利用になる。
(7)釣り用糸巻においては、把手を取り付けることにより、操作が楽になると共に、展示販売に役立つ。
(8)糸の量が少なくなっても、容易に対応できる。
(9)従来の糸止め部でおきた、糸の永久変形による張力ダウンがなくなり、糸を無駄なく有効利用できる。
(10)釣り用糸巻においては、巻きつけられた糸の表面をカバーで覆うため、他の道具が当たることにより、釣糸が傷つけられることがない。
(11)釣り用糸巻においては、巻きつけられた糸の表面をカバーで覆うため、紫外線による劣化を防げる。