手作り工作・発明   戻る

 落し込み釣り道具  2014/11/1


2014年10月31日 釣ハリが風に煽られて、服などに刺さるトラブル防止道具を作りました♪
 ハリには返しがあり、外れないようになっています。

釣針釣針  左が表から見た写真。裏面に強力磁石がついています。右が裏から見た写真。この面が鉄板に貼りつきます。カラフルなのは、防波堤の上ですぐ見つけられるようにするためです。重さは6グラムで2号錘より少し軽いので風に煽られて空中遊泳はしません。青色の部分には直径1mmの穴があけられていて、道糸・ハリスを引っかけるようになっています。

釣針 餌箱に2x2.5cmのステンレス鉄板を貼り付けました。
左枠内の写真は、ガン玉錘とハリを磁石に吸着してハリスをスリットに引っかけた状態です。


釣針  磁石をステンレス鉄板に吸着しました。
 これで180グラムの重さに耐えました。餌箱の重さが100グラムなので磁石の吸着力は十分です。




★名人が使っているUガイド釣り竿を、使わないので穂先に糸がらみしやすくなります。このため、マグネット付きの「落し込み釣り道具」を作りました。
 ・餌付けのとき糸がらみしない。
 ・竿を伸ばす時、糸がらみしない。
 ・竿を仕舞うとき、糸がらみしない。
 ・竿を地面に置いた時、どこにハリ先があるかすぐわかる。


■外部リンク蘭