エアークリーナと使い方・効果  2009年12月26日

●三菱空気清浄機(卓上型) MA-838  
  大きさは55x43x24cmで少し大きいけれど、ファン、フィルターを大きくして、運転音、消費電力を少なくするため仕方がないと思っています。大満足した商品です ♪
(1)フィルター交換は10年に1回です。3層フィルターで汚れたら自分で手入れして復活できます。
(2)驚いたことに窓を開け風が入ってくると、すぐ花粉センサーが検知します。窓を閉めると1分ぐらいで花粉が除去されきれいになりました。 花粉の粒子は10から100ミクロンで目には見えません。
(3)驚いたことに窓を開け風が入ってくると、タバコ/ほこりセンサーのランプも点きました。窓を閉めると1分ぐらいで除去されきれいになりました。 粒子の大きさは0.01から10ミクロンです。細菌、インフルエンザウイルスも除去。
●MA-838の使い方  難しいです。
24時間連続自動運転をしています。ターボ自動運転で、多量のホコリを検知すると最強の運転に切り替わります。ホコリが無くなると静音運転。電気代は1kwh=25円。 合計172円/月。
静音運転(風量1.6m3/分、17dB):4Wx22時間x30日=2.6kWhr=65円/月。
ターボ運転(風量8.3m3/分、50dB):71Wx2時間x30日=4.3kWhr=107円/月。
HEPAフィルターを掃除機で掃除した結果、除去されたホコリが0.5g程度で非常に少なかったので、運転方法を「自動運転」から「ターボ自動運転」に変更しました。12月26日。HEPAフィルター:高性能フィルターで1ミクロンぐらいの微粒子を除去できる。クリーンルームのホコリ除去にも使われる。
設置場所 部屋の容積=48m3.ハンガーの近く

 これから冬に向かいます。風が強くて乾燥しているので、窓を開けると、車の排煙、チリ、埃、花粉などで汚れた空気が多量に舞い込みます。朝起きたら一気に換気して、外気がきれいな時だけ窓を開けることになります。
 締めきった部屋のホコリを少なくして、空気をきれいにすることは非常に大切です。空気がきれいになると全ての電子機器の故障が少なくなる。また、以外に知られていないのがコンセント、充電器の接点に埃が付着する不具合です。火花が飛んでコンセント、スイッチが溶けてつかえなくなる。ホコリにはカーボン、煤など導電体が含まれていて、付着すると、湿気が多い日にはショートしたりして電子機器を壊すこともあります。
 幹線道路近くに住んでいる人は、車の排煙に多く含まれています。
 部屋の空気も乾燥していると、服を着たり、呼吸をするだけでも舞い上がりパソコンなどに吸い込まれます。毎日雑巾がけをして部屋をきれいにする必要がありますが、面倒なのでなかなかできません。そこで空気清浄機を買いました。以前買っていた壁掛け型の物は移動が難しく、フィルターの掃除が難しかった。


■長持ち効果の大きい電子機器・精密機器 
(1)デスクトップパソコンとキーボード、ノートパソコン、ウエブブック。
(2)プリンター、エアコンの掃除回数。
(3)モデム、充電器、電源、カメラ。
(4)コンセント。

■まとめ 
(1)単位時間に降り積もったり、浮遊しているホコリの量は半分ぐらいになったと思っている。
(2)空気清浄機の設置場所により、効果がことなる。花粉、ほこりは低い位置にタバコの煙は高い位置に、またエアコンと向い合せに設置するなど空気流れを作る。
(3)タバコの煙に含まれているタールは、不織布フィルタに付着すると掃除機でも取り除けない。清浄機のフィルターに付着すると、フィルターを交換する必要がある。すなわち10年以内に交換が必要と思う。
  タバコの煙は人間のみならず、電子機器全ての寿命を縮める。