マウスパッド、カッティングマットの手作り    
 


■表面がマウスパッド、裏返せばカッティングマット 2015/07/25
 どのようなマウスにも使え、目に優しいこと。また下敷きにも使えて、とても便利です。 
 最も安く(材料費200円以下)、簡単(30分以内)に作る方法です。
 今なら、大型または汎用製本機をお買い上げ頂いたお客様に、
   同梱プレゼント中です。お早目にどうぞ!


大きさは30cmx21cmx厚み1.5mm、重さ115グラム。

左が白色面に色画用紙を貼り付けたマウスパッド、
 右がその裏面でカッティングマットとして使うときです。1㎝単位の方眼が入っています。


材料: 
(1)百均ダイソーで工作マットを1枚(108円)。市販のマウスパッド、カッティングマットは1000円ぐらい。
(2)色画用紙B4サイズを購入(8から10枚で108円)し1枚使用。色は黒色、青色、緑色が目によく追随性もよい。
(3)13mm幅の3M社の「透明・美色」テープ(20mで108円)を購入し1.1m使用。

作り方: 
工作マットの白色面に色画用紙を被せて色画用紙をカットする。
色画用紙と工作マットをクリップで止める。
「透明・美色」テープで4つの辺を貼り付ける。色が気に入らなければ、テープで貼り付けているので交換は簡単です。



■マウスの改善に2ヶ月近くかかった!!2008年2月27日
 光学式PS/2ワイヤレスマウスから、マイクロソフトのワイヤレスレーザーマウス6000に変更した。すると、今まで使えていた机の上、白色のPP用紙などではポインターが左右に全く動かない。マウスの設定を色々変えても同じ。マイクロソフトの説明書にも書いてない!。もう買うものかと、捨ててしまって、従来通り光学式PS/2ワイヤレスマウスに変更しようと思った。 マウスの不良は、イライラが募り、ストレス、操作ミスが激増し最悪状態!!

 だが待てよ、最後にネットで調べてみた。 マウスマットとマウスとの合性があることがわかった。
マット  緑色のフェルトシートで作った(右上)がホコリが付きやすい欠点がある。
 パソコンショップに行き確実と思えるレーザーマウス対応のマウスパッドの購入(左下の空色)。やはりポインターがスムーズに動かなくて不可。1000円が無駄になった。<使用上の注意>・ご使用になるマウスの仕様または個体差により動作しない場合があります。と書いてある!

 左上の黒色の自作マウスパッドが一番いい。ホコリが付いてもすぐ洗える。厚さ0.7mmの黒色ポリプロピレン板を15x20cmに切って使う。凸凹の不規則な突起面は、ポインタが追随し快適。裏面のつるつるの面はポインターが動かないので不可。


 マウスメーカーへのお願い
(1)レーザー光マウスは、ポインターの追随が非常に良くて、マウスをわずか動かしてもポインターは大きく動く。カメラのシャッターを押すときと同様に2段押しスイッチの構造にしてほしい。特に高齢者には、すばやくダブルクリックすることは、非常にむずかしい。
(2)マウスと対にしてマウスパッドを販売してほしい。