マウスの種類と特徴      2015/08/22,08/26更新

パソコン2台に対してマウスを8台持っていて、整理しなければならない。
また、新しいマウスを購入するときマウスは種類が多くて選択に困っている。有線、無線ともに数百種類。それぞれのマウスはマウスパッドとの関連がありより複雑である。


■デスクトップパソコン用マウスの選択
 有線無線
動作の安定性  ◎◎ 抜群  ×× 電池が少なくなると誤作動
操作性  ×× ケーブルが邪魔  ◎◎ ケーブルが無く快適
ソフトのインストール   不要、接続するとすぐ使える  × 機種毎のドライバー
 消耗品   不要  × 電池がすぐなくなる
重さ   軽い  × 重い(単3を2本で46g,単4は23g)
価格   安価  × 高価
用途  デスクトップパソコン  携帯パソコン

操作性を選ぶか、動作の安定性を選ぶかであるが、私は動作の安定性を重視して有線マウスを使っている。
 (パソコンが複数台あると、使わないパソコンのマウス電池が液漏れして使えなくなったことがあった)
購入パソコンには有線マウスがメーカー付属品として添付されている。

■接続インターフェース
USB  マウスケーブルをパソコンのUSBジャックに接続。無線マウスの場合はパソコンのUSBジャックに受信機を接続。
PS2(旧式パソコン用)  マウスケーブルをパソコンのPS2ジャックに接続。
ブルートゥース  パソコンの内蔵の受信機でマウス位置情報などを受け取る。主としてタブレット用


■マウスのタイプの選択について
種類備考
赤色LED DELLなどパソコンメーカーの添付品 赤色マウスパッドは避けたほうがいい。
青色LED  iBUFFALO 赤色LEDより感度がいい。青色マウスパッドは避けたほうがいい。
レイザー 高価。 光沢面でもマウスパッド無しで使えるほど感度がいい。
感度
(dpi=cpi=カウント)
マウスを1インチ動かしたとき何点パソコンに送るかの数値 普通1,000、値が大きいほどよい。横1920ピクセルの画面ではマウスを5cm動かすとポインターは50cm移動。
ボタン数 左右ボタンとホイールの3ボタンが標準 ホイールを左右に押すとカーソルが左右に動くものもある。
バッテリーフリー
ワイヤレスマウス
サンワサプライ、MA-WHNBS
1,200カウント、3,800円
特殊マウスパッドとパソコンをケーブル接続
マウスは無線でマウスパッド上を動かす


■マウスパッドの選択について
 マウスは常時マウス面の写真を撮りながら方向と移動距離をパソコンに送っている。画像が同じならマウスが動いた判断できない。
・白色光沢面は不可。ホワイトボードはポインターが全く動かない。黒色光沢面はやっと動く。
・規則的な模様は、マウスのポインターが飛ぶことが多い。

■保有マウスの整理例 マウスパッドは使わず、ベージュの布で代用している。光沢のない用紙の上でもOK
No用途マウス備考
1デスクトップ
2014/7月、有線
iBUFFALO BSMBU18BK、青色LED、5ボタン+チルド、進む、戻る、左右スクロール、1000dpi、2000円  
2ノート、2015/08
有線
SANWA MA-BLMA9、青色LED、6ボタン、進む、戻る、左右スクロール、1000/1600dpi切替、巻き取り  
3予備,2015/8月
有線
iBUFFALO BSMBU25S、青色LED、ボタン数=3、左右スクロール、1000dpi、2000円、ケーブル長50cm  
4予備2012/6月
無線(単3X2)
ELECOM M-BLO8DB、青色LED、ボタン数=5、進む、戻る、800/1600dpi切替スイッチ、3500円  
5予備、2014/05
無線(単4X2)
iBUFFALO BSMBW11、青色LED、5ボタン+チルド、進む、戻る、左右スクロール、1600dpi、3100円 ×新しい電池もすぐなくなり不安定。

 iBUFFALO BSMU05M、DELL MS111、NECノート添付品、マイクロソフトのレーザーマウスなどを廃棄した。