PC安全・安心対策    パソコンを長持ちさせる方法、ホコリ対策    
 


★ デスクトップ Vista に マスク をしました ! 2009/10/22
 また部屋全体の空気をきれいにするため、空気清浄機を設置しました。細かいホコリまで除去できます。

 パソコンはホコリ(埃)が大敵である。今回のXPパソコンの故障もホコリが原因で故障したと思っている。パソコンを修理していた経験から故障原因のトップは埃であることは知っていた。特に熱を多く出す電源、CPU,ハードディスクのファンがついていて汚れがひどい。すなわち、埃が一定量付着するとパソコンの寿命がくる。 今ではパソコン内部の清掃は難しいからである。すなわち、埃を半減すれば寿命は2倍になる。寿命が2倍になれば、50%の価格でパソコンを購入したと同じ。寿命が2分の1になれば、2倍の値段でパソコンを購入したことになる。
 ビスタは背面のファンで温かい空気を吐き出している。吸気は側面から行っている。 ビスタの特徴として、スリープ状態がある。この状態ではファンが完全に止まっていると思っていたが、ファンの回転速度は遅いがファンが回っている。外出時、睡眠時はシャットダウンして電源を切るようにしよう!
 修理費用の問題より、直るまでの期間が半月ぐらいはかかること、機密情報が漏れないようにすることが大切である。このことについては後日述べる。ここでは誰でも簡単にできるホコリ防止対策を記述する。


(1)吸気口に不織布を張り付けて、フィルタとした。穴の大きさが4mmから0.3mmぐらいになったので、綿埃など大きなゴミは入らないようなった。ケースの内部に付着するホコリの量は2分の1以下になったと思う。 フィルタの交換が簡単にできるようにゴム磁石で押さえるようにした。発明品のエコボンドキャップ付きボンドG17を使い、不織布押さえバーは10分で簡単にできた♪ 上の写真がフィルターを取り付けた状態。赤色の細長いゴム磁石に茶色の木製板を接着し、取っ手としています。パソコンの箱が白色で鉄でできている。

★作り方 

 インフルエンザ用3層構造のマスクを買ってきます。3枚で98円でした。
 1枚を取り出し、周りのゴム紐などを切り取り襞を伸ばすと15.5cmx13.5cmの長方形ができます。これが3枚の不織布でできています。目が粗くて薄いもの、中くらいの物、目の細かくて厚いものの3枚です。 ファンに負荷をかけないよう荒い目の物を使いました。
 これも時間と費用がかかるので「製本屋さん」の不織布を使っています。


(2)3か所ある空気取り入れ口全体を不織布で覆うようにした。写真後日掲載

(3)マニュアルに従って本体カバーを外して掃除機で掃除する。

(4)外出時、就寝時など長時間パソコンを使わないときは、電源ボタンを押してシャットダウンして電源を完全に切るように変更した。20分でスリープ状態になるように設定した。シャットダウン回数が多すぎると電源オン時多量の電流が流れるためパソコンの寿命も短くなる。シャットダウン、スリープ状態はどの程度にすればよいかわからないので試行錯誤している。

 以上2つの対策で、5年といわれているパソコン寿命を10年まで伸ばせると思っているが? なお、壊れたXPは筺体カバーを外したりして掃除していたが不十分で、XPの寿命は6.5年だった。

懸案事項  以下の実験工作でも発明品の エコボンドキャップ付きボンドG17 が活躍します。
(1)マスクの不織布の目の粗さはどのくらいがいいか実験
(2)目がマスクよりもっと粗い不織布で目の粗さ、厚さと空気抵抗の実験。
(3)モデム、パソコン本体など精密機器全体を不織布で覆って、ほこりを防ぐカバーを作る。
(4)マスク1枚で、フィルター1枚なので価格は33円/枚。製本に使っているプランター用不織布を使うと1枚4円ぐらい。