XP自作パソコンの電源が入らない、無線LAN接続    
 


2009年9月  自作XPパソコンの電源が入らない!
 9月のある晩、突然電源スイッチを押しても数秒で電源が落ちるようになった。埃が原因でスイッチが入らないと思い掃除したがやはり同じ。 WindowsXPで使用していた組み立てパソコンは2003年の物である。ハードデスクは3.5インチでトレー式でディスク2台接続し、OSを含めてディスクのまるごとコピーができるようにしている。
 しかし、電源が故障すると交換できるがスイッチが部品がなく自分では修理できない。そこで筺体と電源を購入してエイデン豊田本店に持ち込み組み立てを依頼した。10日間で直り修理費2万円。

教訓
(1)自作DOSVパソコンは、修理してもらえない。最後まで自分で修理する覚悟が必要。
(2)6年も使用するとほこりが原因で壊れる。
(3)3.5インチHDは、近頃のパソコンには接続できない。HD2台を滅却した。ビスを緩めて水につけて情報が漏れないようにした。 残る2台も廃棄予定。
(4)修理してもらった自作パソコンも廃棄予定。
(5)パスワード、顧客情報など重要な情報は、ハードディスクにはいれず、USBメモリに入れる。USBメモリは壊れることがあるので2重に保管する。

問題点
(1)修理されたパソコンでは、3.5インチのハードディスクは、2台接続できないので、データだけ救うことにした。
(2)今までのハードディスクのクラッシュ対策だけでは、今回のようなパソコン本体の故障に対して何の意味も持たない。

解決策
(1)データを救う方法として、USBメモリとケーブル接続の方法がある。
(2)将来を考えて、 保有パソコン4台をLAN接続する ことにした。パソコン本体の故障に対しても、縮退運転で影響を少なくできる。



2009年10月  保有パソコン4台をLAN接続する

 デスクトップ2台は有線で、ノートパソコン2台は無線で計4台をLAN接続した。データとプリンターは共有している。  このようにすると、パソコン本体の故障に対しても、縮退運転で影響を少なくできる。
 このようにすると、パソコン本体の故障に対しても、縮退運転で影響を少なくできる。